派遣社員の相談窓口

派遣生活15年の40代派遣社員がこれまで相談で受けた仕事やお金、人間関係の悩みを同じ仲間と共有して解決に役立てるサイトを目指しています。

予想

おはようございます!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

今日は

やります!

やりまくります!!!

バイナリーゾーンシグナル



デモトレード!

ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


本当はリアルマネーでやりたいのだけど、昨日勝率8割近い結果を見たとしても


いきなりリアルトレードは無理!

ダァメ  Xx..(゜ロ゜ 三 ゜ロ゜)..xX  ダァメ


1週間くらいはデモトレードでどんな感じか実際に試します!

すでに朝8時から開始してますが、

現在のところ

2連勝!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ



調子がいいのですがいろいろ全通貨でトレードする問題点もわかりましたので、のちほど記事をかきたいと思います。


それでは

本日の

バイナリーゾーンシグナル

での1時間足でのドル円予想ですが

・・・

レンジです!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ



円安方向でのブレイクがたかいので、上壁が破られたらおとなしくついていこうと思います。


※バイナリーゾーンシグナルは口座開設の申し込み後の
完了メール受信後すぐに利用が可能です。


ランキングけっこう上位になりましたw
 現在のランキング結果
記事面白いと↑クリックいただけると・・・もっと書きます!(*´∇`*)
 

おはようございます!
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

昨日 

ぱっと見テクニカル3通貨円安予想
※ドル・ユーロ・ポンド/円

なら勝率高いんじゃない!
(ΦωΦ)ふふふ・・・・

と思ってポジション持ちましたが、83.91円くらいで反発して

損切りです!

(´;ェ;`)ウゥ・・・

Screenshots_2012-12-18-06-42-37

反発ポイントさえなければ予想通りでしたが、だいたいの方向性はあってました。
毎回壁(反発)ポイントは違うので、それを考慮してトレードすれば有効かもしれません。

まだまだぱっと見テクニカル使ったトレード回数が少ないので、これからもチェックしていこうと思います。





本日07:00時点で見る
ぱっと見テクニカル1時間足の為替予想ですが、

ドル/円 ↑ ユーロ/円 → ポンド/円 ↑

2通貨が円安方向を示唆しているので、多数決で円安と予想!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


ぱっと見テクニカルはFXプライムで提供しています。
 口座開設すれば無料で利用できるツールです。


今日は、GMOクリック証券でのバイナリーオプションが自主規制で運用が難しくなるので海外バイナリーオプションを調べて低資産でも利用できるか確認する予定です。

今日も元気でがんばりマックス!!!
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪


こんばんは!

今日はバイナリーオプションやろうとチャートを見ながら狙い所を定めていましたが、


ポジション持つところ

完売ばっかりです!

(´;ェ;`)ウゥ・・・
 

 
今日のバイナリーオプションの基本戦略は

1時間足がダウントレンドのため、

売り!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ 



戻り売りのポイントで何回かとろうしましたが、完売ばっかりでした。

あまりにも売りで注文がとれなかったので、反発ポイントで買いポジションをとろうとしたが、他のチャートを見てたために、


時間切れ

(/TДT)/あうぅ・・・・


54



これが注文できなかったのですが、予想通り買い方向だったため悔しい思いをしました。

っで今度は移動平均線のポイントで売りでスタンバってましたが、


完売で注文できず・・・

(´;ェ;`)ウゥ・・・
21
 

これがまた予想通り売り方向にいっちゃんだよね!

( ´△`)アァ-

1分足でみるとこんな感じです。

03

これは今日は縁がないからやらんほうがいいかと様子見モードで予想だけやると



5連勝!!!

マジ? (゜┏Д┓゜ ;)



・・・やっぱり取引しとけばよかったと思いつつも、たぶん取引すると負けちゃうんだよね。経験上(;´▽`A``

っで本日もバイナリーオプションの取引(今日は予想のみ)やりながらFXでスキャルピングやってますが、本日は


24.6ポイントゲットです!

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

だいたい20数回取引して1銭2銭抜きって手法ですがじりじり勝ってます。

いちおうリアル取引ですが、少額取引なためポイントで報告(;´▽`A``

目標の1日30ポイントを平均的にとれるようになるまで、少額取引でがんばろうと思います。


それにしてもけっこう適当にやっても勝てるのは、

スプレッドが最狭の0.11銭

SBIFXトレード


だからかもしれないです。以前スプレッドが1銭2銭でやっていた人は一度試してもらうと同じ感動が味わえるかとw
(ΦωΦ)ふふふ・・・・



それと本日は

FXプライムのぱっと見テクニカル

 を実践してみましたw こちらもあとから記事かきますね♪

ブログネタ
派遣社員のひとりごと に参加中!
昨日売りで参戦した

ユーロ円


結局



また・・・



140PIPの損です〜


ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん




ユーロ円ストップを114円に設定してましたが、日足でみると




今週中にいくような予感でしたので早めに損きりを決断しました。



先週買いでもったときには一時的には118円は行く予想でしたが、昨日のアナリストのユーロ円売り継続をみて



覆した自分の予想



再度信じてみることにしました・・・


o(~o~;):ハァハァ・・!!



しかし、予想なんて百発百中はありえないですが、自分が最初に予想したポイントをちょっと読んだだけのアナリスト記事を信用して、変更して



損切り



これで





今度は自分の予想が間違えていてさらに




損きり




暗闇のなかにつっこんでいくパターンです

(´;ェ;`)ウゥ・・・




先週近く鳩山首相が辞任して、次の首相はきっと


円安大王の



菅直人大臣




なので


菅直人さんが総理になったら、円安バブルが始まる予想です。




展開としては




いっきに円安になったら、今度はユーロ圏の悪材料で



こんどはさらなる



円高

(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ


これがわたしが現在もってるユーロ円の予想です。




当たるかどうかは微妙ですが、

(;^_^A アセアセ・・・

どうせ損するなら自分なりの予想で損したいと思ってます。




あっドル円も買いで今ポジション持ちましたw



ドルは今後は円安方向に素直に行く予想です


ブログネタ
派遣社員のひとりごと に参加中!
現在、ものすごく



反省中〜

(T▽T)アハハ!





理由は簡単昨日の・・・




FXで損だしすぎです〜

ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん




どうやら


ポジション持ち持ち病






びびりトレード病



が再発したらしくて、ポジションを持ちべき場所ではないところで、持っちゃったり、自分でチャートを呼んで予想をしたのに、ちょっとした反発でびびって決算して反対売買したりと、やることなすこと・・・



裏目に・・・

( ´△`)アァ-



一夜明けて、ボロボロトレードの悲惨さに猛反省です。



昨日最後に売ったユーロ円もロスカットになりそうだし〜



やっぱり寝る前に40Pの利益で満足してればよかったのに、損を取り返そうと欲がでました。



今日はちゃんと1時間足チャートでの



トレードルール



をきちんと決めて、それで今後トレードしようと思います。


それにしても、このチャートを見るとほんとうにきついな〜

20100309
2010030960


ブログネタ
派遣社員のひとりごと に参加中!
昨日FX取引で大失敗したことを書きましたが、相場は予想通りの



円高です!

(o ̄∀ ̄)ノ”




予想が当たったのに、注文のミスで大損したので・・・




ぜんぜんうらしくない〜

.......((((((ノ゜?゜)ノ アゥ




ミスをするのが人間だから、今後はミスをしない取引を考えないと・・・



まだちょっとへこんでますが、勉強しないと人生終わっちゃうのでがんばろうと思います。


ブログネタ
派遣社員のひとりごと に参加中!
円高が止まらない状況です。

(´;ェ;`)ウゥ・・・




現在ドル/円買いでポジションを




2つ

(/TДT)/あうぅ・・・・




もってますが、91円と92円のときなので、含み損がけっこうすごいことになってます。




っで現在89.1円ですが、自分予想では最悪でもここから反発するだろうっていう状況なので、思い切って・・・






もう一発買いで挑戦してみました。

(゜ロ゜;)エェッ!?




正直逆張りは嫌いなのですが、今度はちゃんと



リミット90円


ロスカット88.45円




で注文をだしたので、外れても塩漬けにはしない状況です。




しかし今週これだけ円高になるとは、ちょっとびっくり

(ノ゜?゜)ノ





これでまた予想はずれたら、さすがにFX怖くなるかも〜

彡(-_-;)彡ヒューヒュー





まあ、それでも




1000通貨単位





でやってるから、それほど気にならないからいいか〜





昔10万通貨でやっていたときは、魂が磨り減る思いよくしてたしw




↑このページのトップヘ